いくつかの親善試合があるが、今後はお互いが

韓日戦で大韓民国サッカー代表チームが苦い敗北を味わった。
韓国は25日午後7時20分、日本の横浜日産スタジアムで行われた日本との親善戦で0-3で完敗した。10年ぶりに対決(2011年札幌で0−3の敗北後)で復讐を夢見ていたが、無気力な姿でまた首を振った。

戦術、選手起用、臨機応変などあらゆる面で韓国は日本に圧倒された。彼の「たわごと」は、横浜惨事の骨の痛みの結果につながった。

最初から、彼は多くの言葉と多くの脱走をしていた。それは終わった後、스포츠중계 彼の後遺症はさらに激しかった。

コロナウイルスで世界中でうめき声をあげている中で、無理な景気推進で批判された。公式日程が確定した後も、日本内にコロナ確定者が一日千人に迫った状況だった。しばらく止まった代表チームのサッカー時計を回すことも重要か、選手たちの安全が優先という意見が支配的だった。試合を控えて、日本サッカー協会関係者と韓国が滞在するホテル警備担当者が陽性判定を受けた。直接接触者がいない、通常試合が行われたが、最後まで安心できない。帰国前に、帰国後もコロナ検事を受け、隔離に入らなければならない。昨年11月にオーストリア遠征以後に確定者が続出した。

コロナの懸念は、選手の選考プロセスにも影響を与えた。エースソン・フンミンは負傷の影響のために招集に応じることができなかったが、ヨーロッパとアジア地域でプレーしている多数の所属チームと各国防疫ガイドラインに基づいて、今回の遠征に参加した。蔚山現代(ウルサン)は、Kリーグ1の勝利候補である洪哲(ホン・チョル)、趙顕宇(チョ・ヒョンウ)、元頭在(ウォン・ドゥジェ)、金泰煥(キム・テファン)、李東卿(イ・ドンギョン)、金仁成(キム・インソン)、李東準(イ・ドンジュン)の犠牲者だった。当初、ユン・ビッカラムが選ばれたが、負傷で落馬、代替者で蔚山キム・インソンが選ばれた。

ホン・ミョンボ監督は「大乗的次元でKリーグが代表チームを助けなければならない」としながらも、「このように多くの選手が選ばれるとは思わなかった。チームには記録やデータ全体があります。個人的には、チームに選ばれることは名誉です。レギュラー11人の半分以上が出ましたが、率直に言って、この選手たちを除いて準備するクラブの立場では困っている。漠然としている。負傷から帰ってきた選手もいるが、一方的に選ばず、各チームと疎通して欲しい。代表チーム監督とKリーグ各チーム監督が韓国サッカーのために対話をしたい」という風を伝えた。

洪哲は、日本との試合に出場し、左サイド防衛を担当したため、コミュニケーションなしに一方的に呼び出されたため、すぐに負傷から回復した洪哲(ホン・チョル)の撤退について公然と不満を表明した。しかし、それは通常の状態ではなかった。彼はこの混乱に直面したが、相手の攻撃に絶望的に遭遇した。蔚山は5人の選手を選び、金仁星と李東卿は後半に交換で地面に足を踏み入れた。チームがいつも足を踏み入れた選手たちは、代表チームの赤い制服に変わったが、韓日戦が与える重さは相当だった。

戦術面でも落第点だった。日本はヨーロッパ派9人が招集された。プレミアリーガー出身の吉田マヤ(サンプドリア)とイタリアの舞台に確実に定着したドミヤス・竹弘(ボローニャ)が中央守備に出た。ビッグリーグで検証された2つの壁に対して、李康仁は力ができないのは当然だった。後方からボールを浮かべるのは難しい。後ろナサンホ、ナムテフイ、イ・ドンジュンを置いた理由も1線で引き出し2線で浸透する方法を狙った。雰囲気反転のために後半に交換に変化を与えたが、しばらく光らせだっただけで確実な部屋なかった。

ベント監督は「イ・ガンインのゼロトップが今日の戦略だった。これを通じて相手守備ラインを破ること。圧迫が出ればイ・ガンインが誘引し、2線にあるナム・テヒなどの浸透を望んでいた。うまくいかなかった。戦術失敗だった」と誤判を認めた。

結局、韓国はSON(ソン・フンミン)とヨーロッパ派の渇きがさらに深刻になった。呼吸する時間が不足しており、選手たちの能力値が不足しているという言い訳だ。リソースを活用し、適材適所に配置することも監督の能力である。主力と非主力の格差が減らさなければならより強いチームになる。

ベント監督は「海外派が加勢すれば結果が変わったとは考えない。言及すること自体が適切ではない。結果を受け入れない言い訳に過ぎない。昨年11月に招集を振り返ってみると困難があった。 我々のプレースタイルを考えて進もうとする過程を振り返らなければならない」と強調した。

言い訳はしないと言い訳したが、言い訳に聞こえるのはなぜだろうか。時局も時間もない。今後どのような変数が生じるか分からない

夜遅く寝ようとしても、一晩中応援して、分が解けなくてか、誰もが寝る時間に三々五々正確に何人か分からないが、飲酒歌舞と古城バンガのために防疫問題もあり、申告をしなければならかと悩みになるほどだった。何かみんなコロナ時代のストレスを受けて敵だと思うサッカーの試合になって腹を立て以上そんなようだ真の市民意識が混乱という気がした。

もちろんサッカーをボーデンかどうかは、個人の自由ではあるが、昼間にすべて活動時間にちょっと騒いそんなことは理解がいくが、まったく非常識な利己的なマインドは迷惑であることは言うまでもなく、小言である。そして、一番の問題は、ニュースでも出てきたあえてオリンピックもキャンセルされているこの庭になぜあえて国間のサッカーの試合をするか、それをしなければすぐにどうなるのもないならば本当に残念だという気がする。

義務ではなく自由だと言いながら、日本チームはユニフォームに日葬機を入れて韓国チームは日葬機と太極旗を同時にすべて入れたが、これはまた、何とんでもないことなのか何私のがあるか知ることができない。自ら国格を落とすこのような試みは、今後、私たちのスポーツが私たちの社会と人類社会のために何をすべきかコロナ時代にしばらく悩んで省察し、研究してみなければならない問題である

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다